海運用語集 N
国際輸送のエキスパート

海運用語集 N

NAFTA(North American Free Trade Agreement)
北米自由貿易協定。1994年の発効。米国・カナダ・メキシコの3ヶ国が相互に市場を開放して、域内に自由貿易圏を創るための協定。モノやサービスの国境を越えた移動の簡易化、その障害の除去、域内における自由競争の促進、締約国における実質的な投資機会の増大、知的所有権の効率的な保護と実施、本協定の共同管理および紛争解決のために、その実施と適用に当たり効果的な手続きを策定すること、本協定の利するところを拡大、拡張するための三国間、地域、多国間協力のための枠組みの創設を目的とする。
Naphtha
ナフサ」参照
NAVTEX(Navigation Telex)
ナブテックス受信機」(なぶてっくすじゅしんき)参照
NDF(National Defence Features Program)
国防用商船確保プログラム。根拠法令は、合衆国法典第10巻「軍備」第2218条。有事の際に徴用することを前提に、米国造船所で建造された米国籍船を軍事輸送にも耐え得る仕様とするための改造費用とその維持費用を米国政府が補助する制度。同プログラムの予算は国防省歳出予算で規定されている。
Net Tonnage
純トン数」(じゅんとんすう)参照
NGMTS(Negotiating Group on Maritime Transport Services)
WTOの海運サービス交渉グループ。1994年5月に開始。各国の海運分野の市場および規制の実態を明らかにするために必要な事実関係に関する議論を経て、外航海運・海運補助サービスおよび港湾施設へのアクセス・利用を以って規則の排除に資することを目的とする。
NIES(Newly Industrializing Economies)
新興工業経済群。発展途上国の中で工業化を進め、先進国を追い上げ、高い経済成長率を誇っている国や地域の総称。アジアの韓国、台湾、シンガポール、中南米のアルゼンチン、メキシコ、ブラジルなどをいう。新呼称はDAES(Dynamic Asian Economies)。
NIS(Norwegian International Ship Registry)
ノルウェー国際船舶登録制度。政府が自国籍船の海外流出を防ぐために、先進海運国で最初に税金の優遇措置などを取り入れた船舶登録制度で、1987年に導入された。
NITL(National Industrial Transportation League)
全米産業運輸連盟。1907年の設立。本部はバージニア州アーリントン。荷主企業をはじめ、陸海空の輸送業者等運賃を収受する者、業界団体等で構成される全米最大・歴史の最も古い非営利荷主組織。
NK(Nippon Kaiji Kyokai)
(財)日本海事協会。1899年に設立された、船級検査および船級証書発行のために船舶を検査・監督する機関。船舶に関するさまざまな事業の進歩発展を図り、人命および財産の安全、海洋環境の保全を目的とする。
NKKK(Nippon Kaiji Kentei Kyokai)
(社)日本海事検定協会。1913年の設立。国内外の商取引における貨物、船舶等の鑑定、検査、検量、分析を行なう検定機関。
NMU(National Maritime Union of America)
全米海員組合(大西洋岸地区)。米国二大組合の一つ、米国労働総同盟産別会議の海事部会には参加せず、産別部会の中に海事委員会を作り活動している。労働条件、福祉年金関係の向上を目指している。国際海員組合から大手の船員が脱会して1937年に創設した。
NOTIFY PARTY
B/Lでは、荷渡し地での荷受人の連絡先のこと。
NOWPAP(Northwest Pacific Action Plan)
北西太平洋地域海行動計画。国連環境計画(UNEP)では、閉鎖性が高く環境汚染物質が蓄積しやすい国際海域を保全することを目的として、沿岸国が連携協力して対策を行う地域海行動計画を提唱しており、その一つとして、日本海および黄海を対象としたNOWPAPが、沿岸国である日本、中国、韓国およびロシアにより1994年9月に採択された。各国協力の内容は、(1)海洋データベースの構築、(2)海洋汚染のモニタリングと分析評価、(3)海洋汚染事故に対する準備と対応策の構築などである。
N/T(Net Tonnage)
純トン数」(じゅんとんすう)参照
NV(Det Norske Veritas)
DNV」参照。
NVOCC(Non-Vessel Operating Common Carrier)
複合運送業者。自らは船などの運送手段を持たず、荷主より運送を引き受け、海上運送人など実運送人のサービスを使って輸送する運送人。

※それでは、GTC ASIAのFCL・LCLコンテナ小口混載(コンソリデーション)・国際複合一貫輸送サービスのご利用を宜しくお願い致します。


Copyright 2007- GTC ASIA CORPORATION. All rights reserved