海運用語集 ま行
国際輸送のエキスパート

海運用語集 ま行

マイアニュースレター(まいあにゅーすれたー Marine Accident Inquiry Agency)
海難審判庁が、再発防止に役立つことを目的に、2ヶ月に1度のペースで発刊するニュースレター。狭水道や濃霧時トラブルの具体的なデータも多く、再発防止効果の高いレターとなっている。
前荷規制(まえにきせい)
多品種の石油化学製品を輸送するため、各荷主が輸送する貨物に対し、品質管理を目的とし、前航海貨物を限定する事。前々荷規制、前々々荷規制もある。
マグネティック・コンパス(まぐねてぃっく・こんぱす Magnetic Compass)
磁気コンパス。羅針儀、羅針盤とも呼ばれる。磁石が南北を指す性質を利用したもので、方位を知るための計器。
マーチス(まーちす MARTIS)
海上交通センターの略称。多数の船舶が航行する海域において、海上交通に関する航行情報提供及び航行管制業務を行う海上保安庁の機関。 MARINE TRAFFIC INFORMATION SERVICE の頭文字をとり、MARTIS(マーチス)と呼がれる。レーダー、テレビカメラ、気象観測装置、AISなど装備し、情報信号板や無線などにより、航行船舶に対し航行管制を行う。現在、日本国内には、東京湾、伊勢湾、名古屋港、大阪湾、備讃瀬戸、来島海峡及び関門海峡の7箇所のマーチスが設置されている。
マニホールド(まにほーるど Manifold)
船のタンクの底から伸びたパイプ(油管)の接続部又は陸上のタンクの接続部。貨物を積む時には陸上のポンプを使い、陸上に荷揚げする時には、船のポンプを使用。Manifold…多岐管の意。
丸艫(まるとも)
艫(船尾)の形状が、丸い型の船。追い風に強い。
マルシップ(まるしっぷ 海外貸渡方式)
日本船に外国人船員が配乗されている船舶。日本籍船を外国船主に裸用船に出し、これを受けた外国の用船主が配乗権を持って外国人船員の配乗を行う。
満船飾(まんせんかざり)
船舶が祝意を表わすために、国際信号旗を船首から船尾へ連ねて飾ること。(軍艦の場合は「満艦飾」とも言う)

水先人(みずさきにん Pilot)
船の入出港や狭い海峡の通行に際し、本船の船長に代わって、操船に従事する。水先人が乗船していた場合の事故率はいなかった場合の1/6と言われている。
密度(みつど)
単位体積当りの質量のこと。単位はg/cm3。

無為替(むかわせ)
代金決済が一切されないことで、“NO Commercial value”ともいう。サンプルの輸出入取引やダメージ貨物の代替品輸送でみられる。無為替で輸入されたインボイスに記載されている価額は、通関申告時のみに使用するため“Custom Purpose Only”と記載されている。

盟外船(めいがいせん)
Non Conference vessel とは、同盟に属さず、独自で同盟よりも安い運賃やサービスを提供する船会社のことで、アウト・サイダー、インディベンデントなどともいう。
面取り(めんとり)
面取りは、工業製品(鋼材、木工など)において、角部を削り角面や丸面などの形状に加工する工法のこと。

モーダルシフト(もーだるしふと Modal shift)
環境問題から、貨物の輸送手段の転換を図ること。具体的には、トラックや航空機による輸送を鉄道や船舶による輸送で代替することが考えられている。国土交通省が1991年4月から推進しており、省エネ効果、交通渋滞の緩和、窒素酸化物などの大気汚染の削減、二酸化炭素(CO2)排出削減による地球温暖化防止を目指している。

※それでは、GTC ASIAのFCL・LCLコンテナ小口混載(コンソリデーション)・国際複合一貫輸送サービスのご利用を宜しくお願い致します。


Copyright 2007- GTC ASIA CORPORATION. All rights reserved